シイラを釣りに、西伊豆のゴロタに行ってきました。

今年は5月頃から!?シイラが絶好調だったし、SNS的には先週末もまだ釣れているようだったので、意気揚々と午前5:30現地着。

*昨日の土曜日から釣果の雲行きが変わってきた感もあったけど…。

 

ゴロタに着いたらびっくり!すごい人の数 😯

 

入る余地が全くない。

結構な距離を歩いてなんとかスペースを見付けたので、隣の人に声を掛けるともう帰るとのことだったので、そこで始めることに。

 

しばらくすると、隣の人にヒット!

遠くてよく見えないが、釣れたのは細長い魚。ダツ?タチウオ?

太さ的にはタチウオっぽく見えたけど、リリースしていたのでダツだったのかな。

 

なんて考えていると、僕にもヒット!

遥か遠くで細長い魚がジャンプを繰り返す。

 

 

ふっ

 

と軽くなる。

アシストフックを切られました…。

 

タチウオはジャンプしないよね??

ということは、ダツだったのかな。

 

開始早々にヒットしたのは嬉しいし、魚っけがある感じがする。

 

 

しばらくしてまた何かがヒットする。

 

ふっ

 

と軽くなる。

 

 

陽が完全に上り、ほとんどの人がお帰りになる。

 

 

長い沈黙を破り、遂にヒット!

遠くでジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!

3回目のジャンプで

 

ふっ

 

と軽くなる。

 

シイラ??

遠かったのでよく見えなかったけど、カタチ的にはダツなどではなく、色は銀色に見えたけど、何の魚??

 

 

それから昼過ぎまで粘るものの反応取れずで、納竿。

遥々ここまで来てボウズか…。

釣り人が多いということは釣れている証拠だと思ったのですが、先週で終わりだったのですかね。釣り人あるある…。

 


 

ルアーのパッケージのゴミ放置が目につきました。

(気付いたものは拾って処分しました)

ルアー(のパッケージ)からするに、いわゆる「釣り人」ではなく、「一応釣りやります」的な人な気がするので、ここに書いても見ないのだろうけど、

「釣りに限らず、自身のゴミは持ち帰りましょう」

 

帰りの高速では、このご時世なのに変な車にしつこく煽られるし、ちょっと残念な釣行でした。

 

11