7時過ぎに現地着。

どうやら昨日の渡良瀬川の釣果は28匹だった模様。

鬼怒川の8匹に比べて俄然期待が持てる。一気にモチベーションが高まる。

 

 

説明会の後、一斉に四方八方に散る。

渡良瀬川は調査エリアが広めで、車で下流に移動する人も多数いたようです。

どこに行っていいのか見当も付かないので、ストーカーのように近くに居た人の後に付いていく。

 

 

鮭はいるようで、うっすらと黒い魚影が見える。

(鬼怒川と違い、渡良瀬川の水質は完全にクリアでした。)

 

 

渡良瀬川では、8:30を待たずに釣りを開始して良いみたいです。

が、1時間経過しても誰も釣れない。。。

居ても釣れないんだな。

 

 

しばらくして一人がスレ掛かりで釣り上げる。

(その人はスレ掛かりは嫌なようで、根掛かりの時のように針を外そうとしていましたが…。)

その方の同行者がスレ掛かりで1匹追加。

 

 

その後、2回ほど僕にもスレ掛かりで魚が引っかかる。

遡上したサケは口を使わないらしいので、スレ掛かりも止むなしと思っていましたが、この場の雰囲気的にそんな感じではないので、アワセも入れないし、気の抜いたファイトをした結果、2匹ともバレる。

3回目の正直で、今度はバレずに捕獲。

(タモ入れしてくれた方、ありがとうございました!)

鮭を釣った!?のは嬉しいが、スレ掛かりなので何とも微妙。

 


 

その後、立て続けに2匹、口に掛けて釣れたのを目撃。

おー、口も使ってくれるかと思い、俄然やる気が出る。

シャケの体に当たるほど近距離にルアーを通しているが、まるで反応しない。

 

鮭の鼻先を通してイライラさせて口を使うように、できるだけゆっくり巻いていたので、軽い根掛かりが頻発する。

そのうち、ずっぽし根掛かりしてしまうΣ(゚д゚lll)

僕のその根掛かりのせいで2名がキャストできない状態。

粘れば外せそうな気もするが、周りの人に迷惑をかけている状態なので、引っ張って切ることに。

慌てたせいで、手に巻き付けたラインもぐしゃってしまって、ラインもそれなりの長さをロスト( TДT)

根掛かりは本当に嫌いだ。

 


 

FGノットを組み直し、釣行再開。

あの根掛かりのおかげで、ルアーを交換した。ルアーを交換したから、口掛かりで釣れた(根掛かりしてラッキーだった)、という状況にすべく、ルアーをキャスト。

他と比べてこの場所が釣れているようで、上流からフライマン、対岸からルアーマンが投げ込んでくる。

その隙間を狙ってキャスト。

 

巻いている途中で重くなる。

またスレ掛かりか…と思って寄せてくると、なんと口に掛かっているΣ(゚д゚lll)

一気に緊迫感が上がる。

寄せて逃げてを慎重に繰り返して、無事に捕獲!

サケを釣るという昨年からの目標を無事に達成!やった!

 

 

たまたま鼻先を通ったからリアクションバイト的にパクっとしてしまったのか、イライラしてガブりとしてしまったのか分からないが、捕食時のように食って反転するというバイトではなく、優しいバイトだった。アワセも入れてなかったのにバレなくて良かった。

(新品ルアーに変えたばかりだから、針の刺さり具合も良かったのか。)

バイトだけでは、口掛かりかスレ掛かりか判断できないですね…。

イトウのバイトと同じ感じでした。

 

備忘録
そこまでゆっくり巻かなくても、鼻先さえ通ったら口を使ってくれるっぽい。

 


 

リミットまであと1匹と1時間あったが、ここで納竿。

フィッシュグリップで2匹を持って(計7kg)、集合場所まで持っていくのがきつかった…。何回休憩したことか…。

 

備忘録
釣ったサケを入れる袋は必須。袋があればかつげるからラク。

 

漁業組合の方々は皆様感じが良く、わざわざ迎えに来てくれて途中から鮭を持ってくれました。感謝感謝です。

鮎の塩焼きも頂きました。

 

この日の渡良瀬川の釣果は17匹だったようです。

50名参加なので確率的にはなかなか厳しいなか、たまたま釣れてくれてラッキーでした。

 

 


 

以下、当日のタックルです。

 

シーバスロッドなどでいいと思います。

僕がやっていた場所であれば遠投は不要だったので、もっと短いバスロッド(強め)でも大丈夫だと思います。

全体的に皆さん10ftくらいの長めのロッドだったように感じます。僕のは8.5ft。

 

リールはシマノでC3000(2500)、ラインは8本撚りのPE1.5号でした。

流れがあるので、流れによって引きも大きく異なってきます。

スレ掛かりも多いので、掛かる場所によっても引きは大きく異なってきます。

概ねPE1~1.5号であれば大丈夫だと思います。

 

ルアーは14gと17gを使いました。

渡良瀬川ではちょうど良かったです。

 

ダイワのチヌークなどがちょうど良いと思います。

口掛かりで釣れたのは、下記のゼブラグロー17gでした。

⇒チヌーク(amazon)

 

上記に下記のタコベイトを付けてました。

針が2つ付いているので、1つは切りました。

⇒サーモンリグ(amazon)

 

ヤマシタのタコベーでもいいと思います。

⇒タコベー(amazon)

 

釣行時間:8:30~13:00(4時間30分)
釣果:2匹
最大サイズ:75cm
13

関連記事